性差を楽しむ


「女性(男性)に生まれたかったと思ったことはありますか?」


職場ではバリバリと仕事をすることを求められ、家庭では立派な父親を目指す。
男性であることは魅力的ではあるがちょっと疲れてしまう、そのように感じたことはありませんか?

完璧な男性像を求めない

「自分は完璧な男性である。」

そう自覚している人はほとんどいないと思いますが、
いわゆる男性的であることや男性らしさを常に意識している人は多いのではないでしょうか。

それに加えて、当然のようにイクメン/イクボスになることも求められて、
自分らしさをどこかへ置いてけぼりにしている人もいそうです。

女性的なことをプラスしてみる

何事も、完璧を目指すと辛くなってしまいます。
少し辛いなと感じたら、意識的にいわゆる女性的なことを取り入れてみましょう。

例えば、職場では、デスク周りに可愛いグッズを置いてみる、誰かのちょっとした変化を見つけて声を掛けてみる、
家庭では、子供とおままごと遊びをする、洗濯物を美しく畳んでみる、など、
ちょっとしたことをプラスしてみるのがおすすめです。

バランスをとる

こんな場面では男性的、ここでは女性的、とバランスが取れるようになってくると、
簡単にリフレッシュできたり、パートナーにも喜ばれることが増えてくると思います。

男性/女性のいいとこ取りできるようなバランス感覚が身に付いて、楽しい毎日を過ごせるといいですね!

まとめ

完璧な男性像を求めない
完璧を目指すと、自分を見失います
女性的なことをプラスしてみる
意識的に女性的なことを取り入れてみよう
バランスをとる
いいとこ取りのバランス感覚で、楽しい毎日を!

「今日は、どんな場面で女性的(男性的)なことを試してみますか?」


 

◆ パーソナルコーチングのご案内は こちら
◆ 公式Facebookページは こちら
◆ メルマガ登録は 下のフォームから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ◆メルマガ登録◆

    DEWKSビジネスパーソンのためのメルマガを発行しています。
    ご登録はこちらからお願いします。