LINEお問い合わせはじめました
テレワーク応援プラン

視点を切り替える①(立場編)

2016年9月10日

屋外にある階段状の座席

視点の切り替えを意識していますか?

視点とは、物事を見たり考えたりする立場や観点のことです。

いつも、誰の立場で感じたり考えたり行動したりしていますか?

自分と相手、そしてもう一つの視点を取り入れると、
見えていないものに気づくことができるかもしれません。

相手の立場に立つということ

「相手の立場に立って、物事を考えましょう」

よく聞かれるフレーズですね。
しかし、勘違いしている人が多いフレーズでもあります。

相手の立場に立つとは、
「もし自分だったら、こうするのに…」
と考えることではありません。

これだと、相手の立場に「自分が」立っている
ということになります。

職場では部下や同僚の、家庭ではパートナーや子供の「立場」に、
「自分が」立ってしまってはいませんか?

相手の立場に立つとは、
相手の価値観や背景、立場や状態などを考慮して、
相手だったらどう感じるか、どう考えるか、
どんな行動をするかを、
持ち得るすべての想像力を発揮して考え抜くことです。

相手の立場に立てるようになると、
自分のことを客観視できるようになります。

第三者の目から見えるもの

「自分と相手は、第三者の目から見たらどのように
見えるだろうか?」

相手の立場に立ってもなかなか自分自身を消せない時は、
一歩離れた所からの思考をしてみましょう。
自分と相手を、横から/上から/間に入って
/思いっきり遠くから見ると、どんな風に見えるのか?

行き詰ったり、アイデアが欲しい時には、
自分の中でじっくりと考える、相手の立場に立って考える、
第三者の目で見る、を切り替えてみると、
新たな発見がきっとあるでしょう。

視点を切り替えることの利点

視点を柔軟に切り替えられるようになると、
様々な利点があります。

無駄に怒らなくなる、批判しなくなる、柔軟になる、
余裕が生まれる、アイデアが湧く、幅が広がる、可能性が広がる、
想像力豊かになる、優しくなる、肩の力が抜ける、…。

視点の切り替えを、日常の様々な場面で
取り入れてみてくださいね。
きっと、今は見えていないものに気づくことができますよ!

視点は、「立場」以外にもたくさんあります。
それについては、また今度書きます。

まとめ

相手の立場に立つということ
持ち得るすべての想像力を発揮して考え抜くこと
第三者の目から見えるもの
新たな発見につながる
視点を切り替えることの利点
見えていないものに気づき、自分自身と周囲を豊かにする

今日はどんな場面で視点を切り替えてみますか?

サービスのご案内

  • ≪緊急事態宣言≫テレワーク応援プラン のご案内は こちら
  • 『パーソナルコーチング』 のご案内は こちら
  • 『組織力向上プログラム』 のご案内は こちら
  • 『研修・セミナー』 のご案内は こちら
  • 公式Facebookページこちら
  • メルマガ登録こちら または サイドバーのフォームから