教えることを手放す

机の上の本

最近、誰かに何かを教えたことはありますか?

教えること。
教えられること。

誰もが経験したことのある、日常よくある場面です。

部下や子供のいる人は、毎日のようにあれやこれやと
誰かに何かを教えていることでしょう。

教えること

教えること。

相手の行動を変えたい時に、短時間で効果の出やすい方法です。

相手にとっても、簡単で即効性があり、
失敗することを未然に防ぐことができます。

しかし、相手の成長を考えると、
それは時にもったいないことかもしれません。

手放してみる

教えること。

命に関わることや、誰かを傷付けてしまうこと。
それ以外は、思い切って手放してみる。

言うのは簡単だけれど、正直とても怖いことでしょう。

一度手放してみると、見えてくる景色があります。
その時の感情や思考が、その後のあなたの行動に影響することでしょう。

しなやかに切り替える

教えること。
教えずに、見守ること。

教える場面がある。
待てる時間と心の余裕があるならば、
見守ったり促したりするだけにしてみませんか。

あえて教えない。

それを続けていると、自分を越えて欲しい、気づいて欲しいという期待感が伝わり、
相手の感情や思考の変化が行動に現れてくることでしょう

教えることとは距離を置きながら、しなやかに切り替えることで、
大事な人の成長機会を奪わないようにしたいものですね。

まとめ

教えること
教えることは、時にもったいないことがあります
手放してみる
手放すと、見えてくる景色があります
しなやかに切り替える
しなやかに切り替えて、大事な人の成長を見守りましょう

誰に何を教えるのをやめますか?

サービスのご案内

  • 『パーソナルコーチング』 のご案内は こちら
  • 『組織力向上プログラム』 のご案内は こちら
  • 『研修・セミナー』 のご案内は こちら
  • 公式Facebookページこちら
  • メルマガ登録 は サイドバーのフォームから