パートナーに理解してもらいたいと思ったら


「パートナーのことを理解していますか?」
「パートナーに理解されていますか?」


パートナーのことを理解する気持ちはあっても、それが相手に届かないために、
ふたりの関係がしっくりいかないことがあります。
そんな時、あなたはどうしていますか?

どうしてわかってくれないのだろう?

お互いの仕事や子供の教育方針について、
「どうしてこの人はわかってくれないのだろう?」
とパートナーを非難してしまうこと、ありませんか?

そこには、
「自分の方が、この事についてよく知っている/わかっている」
という、思い込みが存在することがあります。

この方が良いに決まっている、こうするべきだ、こうしないとおかしい、これしかないはず、
と、わかったつもり風を前面に出して熱く語ってしまうと、
パートナーは益々理解してくれなくなります。

それ、本当?

理解してもらいたいと思ったら、
「それ、本当?」
と自分の考えを疑ってみましょう。

できれば、自分ひとりでやるより、パートナーと一緒にやってみることをおすすめします。

身近で強力な存在

自分の思い込みを疑い、パートナーにそれを伝えると、
お互いの理解度が高まります。

パートナーは、自分を客観視してくれる、いちばん身近で強力な存在です。

それを上手く活用すると、
そこには今までにないレベルの会話が生まれます。

まとめ

どうしてわかってくれないのだろう?
そこには、思い込みが存在する
それ、本当?
一度疑ってみよう
身近で強力な存在
上手く活用すると、今までにないレベルの会話が生まれる

「お互いを理解するために、どの思い込みを開示しますか?」


 

◆ パーソナルコーチングのご案内は こちら
◆ 公式Facebookページは こちら
◆ メルマガ登録は 下のフォームから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • ◆メルマガ登録◆

    DEWKSビジネスパーソンのためのメルマガを発行しています。
    ご登録はこちらからお願いします。