新しい環境に早く適応できる人がやっていること

2016年4月13日

宇宙から見た地球

4月から、あなたのいる環境に変化はありましたか?

この春に職場で異動があったり、復職したり、
お子さんが入学されたり、
あなたのいる環境に変化はありましたか?

新しい環境に適応できている人、ちょっと困っている人、
過去に適応できずに悩んだ人は、
今までどのように対処してきましたか?

今、起こっていること

職場で異動があり、周りは知らない人ばかり。
毎日が緊張の連続で、覚えなくてはならない仕事もたくさん。
その上、勤務地も変わり通勤経路も長くなった。
もう毎日、クタクタ~。

頭の中の多くがそのことでいっぱいになっている時は、
普段なら見えるはずのものが見えていない状態
になってしまっています。

適応できる人、できない人

環境にすぐに適応できる人とできない人は、
何が違うのでしょうか。

人と話をするのが上手、明るくて前向きな性格、
人を引っ張る力がある、…など、スキルや性格も
大事な要素ですが、
これだけは持っておくと良いというものがあります。

それは、

「その環境を俯瞰して捉えられるかどうか」

です。

挨拶・観察・宇宙

朝誰かに会ったら、笑顔で「おはようございます!」と挨拶
(それを天井から眺める)

怪しくない程度に、周りをキョロキョロと観察
(いる場所から周囲を見る)

行き詰ったり緊張してしまったら、
宇宙から眺めた小さな地球上にいる、ちっちゃな自分を見る。
(はるか遠くから見てみる)

そこからなにか行動が生じると、徐々に&劇的に環境に馴染めて、
とても楽になってきます。
周囲にいる新しく入ってきた人のためにも、
試しに使ってみてくださいね!

まとめ

今、起こっていること
見えるはずのものが見えていないだけ
適応できる人、できない人
その環境を俯瞰して捉えられるかどうか
挨拶・観察・宇宙
自分と周囲のために、使ってみよう!

新しい環境で、目の前の人のために
どんなことができそうですか?

サービスのご案内

  • 『パーソナルコーチング』 のご案内は こちら
  • 『組織力向上プログラム』 のご案内は こちら
  • 『研修・セミナー』 のご案内は こちら
  • 公式Facebookページこちら
  • メルマガ登録 は サイドバーのフォームから