あなたの触覚、機能していますか?

2016年9月29日

複数の泡を載せている手のひら

触覚を磨いていますか?

少しの間、目を閉じてみましょう。

そして、身近にあるものに触れてみましょう。
空気を感じてみましょう。
体に手を当ててみましょう。

どんな感覚がありますか?

触覚は優先度の低い感覚

五感+α(アルファ)を研ぎ澄ますことの効果については、
以前 こちら で取り上げました。

五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)のうち、
ビジネスパーソンの普段の生活では、感覚の優先度が、

視覚・聴覚 > 嗅覚・味覚 > 触覚

となっている人が多いのではないでしょうか。

毎日、意識せずとも目に入ってくるもの、
聞こえてくるものがあり、
時おり気になるにおいが漂い、食事をそれなりに味わう。

「触覚」だけ、ちょっと置いてけぼりになっていませんか?

触覚の磨き方

五感をバランスよく磨くために、
意識して「触覚」を磨いていきましょう。

他の感覚を意識的に閉じて、「触覚」だけを感じます。

簡単にできる方法としては、冒頭にも書いたように、
目を閉じて感じる、というものです。

もっと磨きたい人は、自然の中での瞑想や、
アウトドア活動を取り入れてみてください。

新しい発見へ

いつもと違う感覚は脳を刺激して、
目には見えない効果につながることもあります。

他の感覚に頼り切っていることや、
勘違いしていることに気づくかもしれません。

また、疲れた時や悩んでいる時に、
お気に入りのモノに触って落ち着く効果もあります。

様々な効果が期待できる「触覚磨き」を、
あなたの生活に上手に取り入れてみてくださいね。

まとめ

触覚は優先度の低い感覚
他の感覚に置いてけぼりになっている
触覚の磨き方
目を閉じて感じるだけ
新しい発見へ
「触覚磨き」を生活の中に取り入れて、新しい自分を発見しよう

今座っている椅子や立っている床は、
どんな触り心地ですか?

サービスのご案内

  • 『パーソナルコーチング』 のご案内は こちら
  • 『組織力向上プログラム』 のご案内は こちら
  • 『研修・セミナー』 のご案内は こちら
  • 公式Facebookページこちら
  • メルマガ登録 は サイドバーのフォームから